総額はいくら?

交通事故はお金にまつわるトラブルが発生しやすいことで有名です。例えば事故で怪我を負ってしまったとき、安易に示談を受け入れたせいで、後から見つかった怪我の治療費を補償できなくなるなど、もらえるはずのお金をもらえなかった方は非常に多いです。そうした事態を避けるには、弁護士に相談する必要がありますが、このときの費用はどれだけかかるのでしょうか。

弁護士へ依頼すると何かとお金がかかります。まず弁護士を探すためにお金がかかるといいますが、こちらは無料相談を利用することで、費用をかけずに調査できます。弁護士は相談料として、話した時間だけ料金が発生するのですが、宣伝の一環で初回は無料という事務所が多いです。そのため無料期間が続くまで相談し、そのときの対応を調査することで、無料で信頼できる弁護士を探せます。

TOPIC・・・弁護士法人アディーレ|交通事故被害弁護士相談
交通事故被害について何度でも無料相談ができる弁護士法人アディーレです。

弁護士の無料相談が終わったら、本格的な依頼を出すことになります。依頼達成までの総額は、法律事務所ごとに細かく変わりますが、問題なく示談が進んだとしても、50万円以上の支払いは必要といわれています。50万円と聞くと大金に思えますが、少なくとも相手の言いなりになった状態で示談金を受け取るよりも、圧倒的に弁護士に依頼したほうが多くのお金を受け取れるので、依頼総額を差し引いても、結果的にはプラスになるはずです。


二回目以降の費用

交通事故の慰謝料請求は、弁護士を介することでより多くの額を請求できます。もちろん弁護士を依頼するにはそれ相応の費用がかかりますが、弁護士の費用は相談料、着手金、報酬に分けられ、相談料は相談する時間が長ければ長いほどと高くなります。依頼してもらう前の相談にも料金が発生するので、弁護士への相談は避けたいという方もいますが、大抵の法律事務所は、初回に無料相談を行っているので、お金は気にせず相談できます。

弁護士の無料相談はあくまで初回に限定されています。安心して事故に関する情報を伝え、弁護士の対応を見られるというのは嬉しいですが、初回以降の料金はどれほど必要なのでしょうか。具体的な料金は法律事務所が自由に設定できるので、正確な相場は把握できませんが、大体相談30分おきに5千円の支払いが必要とされています。相談する回数が少なければ当然料金は減りますが、今後の人生にもかかわる相談なので、必要以上にお金を惜しむのも考え物です。

弁護士への相談料は相談の機会が多ければ多いほどと高くなりますが、相談が何度も必要な場合、その案件が非常に複雑ということになります。場合によってはより多くの慰謝料を請求できるかも知れないので、相談の際は必ず気になることを説明してもらいましょう。慰謝料請求は面倒なことも多いですが、だからこそしっかり内容を把握し、適切な対応を心がけることが大切です。